お米の種類・品種、土地ごとの特徴が生かされてる

田園の稲

田園に広がる稲。日本のお米の種類はかなりあります。全国で作られている品種をご紹介します。

全国で作られてる主なお米の品種

北海道 ななつぼし・ゆめぴりか・きらら397
青森 まっしぐら・つがるロマン・青天の霹靂
岩手 ひとめぼれ・あきたこまち・いわてっこ
宮城 ひとめぼれ・ササニシキ・まなむすめ
秋田 ひとめぼれ・あきたこまち・めんこいな
山形 ひとめぼれ・はえぬき・つや姫
福島 コシヒカリ・ひとめぼれ・天のつぶ
茨城 コシヒカリ・あきたこまち・ゆめひたち
栃木 コシヒカリ・あさひの夢・なすひかり
群馬 コシヒカリ・あさひの夢・ひとめぼれ
埼玉 コシヒカリ・彩のかがやき・キヌヒカリ
千葉 コシヒカリ・ふさこがね・ふさおとめ
東京 コシヒカリ・キヌヒカリ・ひとめぼれ
神奈川 コシヒカリ・キヌヒカリ・さとじまん
新潟 コシヒカリ・こしいぶき・ゆきん子舞・ミルキークイーン
富山 コシヒカリ・てんたかく・てんこもり
石川 コシヒカリ・ゆめみづほ・能登ひかり
福井 コシヒカリ・ハナエチゼン・あきさかり
山梨 コシヒカリ・あさひの夢・ひとめぼれ ・武川米
長野 コシヒカリ・あきたこまち・風さやか
岐阜 コシヒカリ・ハツシモ・ひとめぼれ
静岡 コシヒカリ・あいちのかおり・キヌヒカリ
愛知 コシヒカリ・あいちのかおり・ミネアサヒ
三重 コシヒカリ・キヌヒカリ・みえのゆめ
滋賀 コシヒカリ・キヌヒカリ・日本晴
京都 コシヒカリ・ ヒノヒカリ・キヌヒカリ
大阪 ヒノヒカリ・キヌヒカリ・きぬむすめ
兵庫 コシヒカリ・ヒノヒカリ・キヌヒカリ
奈良 コシヒカリ・ヒノヒカリ・ひとめぼれ
和歌山 コシヒカリ・ キヌヒカリ・イクヒカリ
鳥取 コシヒカリ・ひとめぼれ・きぬむすめ
島根 コシヒカリ・きぬむすめ・つや姫
岡山 アケボノ・あきたこまち・ヒノヒカリ
広島 コシヒカリ・ヒノヒカリ・あきろまん
山口 コシヒカリ・ひとめぼれ・ヒノヒカリ
徳島 コシヒカリ・キヌヒカリ・ヒノヒカリ
香川 ヒノヒカリ・コシヒカリ・おいでまい
愛知 コシヒカリ・ヒノヒカリ・あきたこまち
高知 コシヒカリ・ヒノヒカリ・にこまる
福岡 夢つくし・ヒノヒカリ・元気つくし
佐賀 夢しずく・さがびより・ヒノヒカリ
長崎 ヒノヒカリ・にこまる・コシヒカリ
熊本 ヒノヒカリ・森のくまさん・コシヒカリ
大分 ヒノヒカリ・ひとめぼれ・にこまる
宮崎 ヒノヒカリ・コシヒカリ・まいひかり
鹿児島 ヒノヒカリ・コシヒカリ・あきほなみ
沖縄 ひとめぼれ・ちゅらひかり・ミルキーサマー

資料参照:農林水産省

米の品種別収穫量順位

上記、表からしてもわかるように、1位はコシヒカリ、続いて2位はひとめぼれ、

3位はヒノニカリとなってます。

米生産量順位
資料参照:農林水産省

PICKUP 生産量NO1に輝くコシヒカリ

日本で一番、収穫量の多いコシヒカリは、1956年に福井で開発されたお米。福井は、昔から米作りが盛んな県で、品種改良も行われ、現代日本で多く食されているコシヒカリの品種に成功したのです。

しかし、倒伏や収穫時期や、気候や風土が栽培が一番適していたのが新潟で新潟県の推奨品種指定としていち早く栽培を始めました。

全国の中で主に作られている表の中、北海道だけは作ってないです。それはなぜか?単純に言うとお米を作る期間必要な気温を得ることができないからです。

その土地の気候・風土に合わないとお米は作れないので、品種改良を行いその土地に適した美味しいお米を作ることができるのです。

稲とコシヒカリ米粒

一般的に、親しまれてるコシヒカリの特徴は、炊きあがりの光沢と粘りがあって美味しいので多く消費されています。人気のコシヒカリは、ひとめぼれ・あきたこまちなどの品種の元となっています。

どの米が一番美味しいのかは、自分たちの口にあうものを食べ比べてみるのが一番よいかもしれませんね。様々な、改良をしその土地に一番合ったお米はまずい訳がないと思います。

後!言い忘れましたが、沖縄もコシヒカリは作ってないです。その代り、温暖な気候を利用して二毛作が行われます。二毛作とは、一年のうちに二回、同じ耕地で作物を栽培することです。沖縄は、二毛作ができますが1回目は水不足、2回目は台風なので影響で生産量に打撃を与えることも多いです。

あまり知られていないお米の種類

赤米・黒米・緑米

赤米と黒米、緑米は古代米にあたります。古代米は、私たちの祖先が作っていたお米です。古代の稲の濃いDNAを引き継いでいる稲だと考えられます。

古代米の特徴は、生命力が強く、荒地でも無肥料・無農薬で丈夫に育ち、自然災害(干ばつ等)にとても強い稲です。通常の白米の栽培法は一緒ですが、色や香りをもっているので品種改良の対象に向かないです。現在、日本と一部の世界の地域で栽培されてます。

赤米

赤米の稲

玄米の種皮の部分にタンニン系の赤色色素を含む稲を赤米と言います。精米すると薄いピンク色になります。

赤米は、タンニンという栄養素が含まれているので、「メラニン色素の沈着を防ぐ効能」があると言われてます。美白対策にはもってこいかもしれません。

食感は、一般のお米とは違いパサパサ感がるので雑炊やパエリエにしたり、白米と混ぜて食べると良いですね。

黒米

黒米の稲

玄米の皮の部分に、アントシアン系色素を含むお米で、紫黒米とも呼ばれてます。色素米と呼ばれる1種で、紫黒米のほか「ベニロマン」といった赤米もあります。この黒米の品種もことなり、朝紫やおくのむらさきなどもあります。

一般の白米よりも、たんぱく質・ビタミンB1・B2・ナイアシン・鉄・カルシウム・マグネシウムが豊富で動脈硬化を予防、老化防止・発ガン抑制の働きがあると言われてます。

黒米は精米してしまうと栄養分(アントシアニ)がなくなるので玄米のまま食べるとよいでしょう。

緑米

緑米稲

緑米は、幻の米と呼ばれるほど栽培が難しく、収穫時期の見極めが困難。クロロフィル・亜鉛、マグネシウム、繊維が豊富で、血液浄化や精神安定などにも効果的と言われてます。

緑米はもち米で甘味と粘り気が強いのが特徴。餅にしたら柔らかく美味しいですが、精米してしまうと栄養分がなくなってしまうので玄米で食べるのが普通になります。

日本の食料の自給率

現在、国で消費される食料がどのくらい国内で生産されているか(食料自給率)は、40%です。昔と違い、白米を食べるよりも肉や、パン・麺類など増え、食生活の変化でお米を作る農家も減少しているのは確か。農地も砂漠化して放牧状態です。日本の人口は世界の2%なのに対して農作物の輸入は世界全体の1割もしています。(平成15年度)

世界の人口は増え続けているが、農地面積は増えていない。このまま輸入に頼っていると深刻な事態が・・・と不安さえ覚えます。

自分の食べ物は自分の国で作ることが大切!だとは言いますが、状態を改善するのはとても難しい問題ですね。

スポンサーリンク

フォローする